2008年05月25日

食糧自給率向上のウソ



政府も野党もこぞって日本の食糧自給率向上を目指している。

メディアもその流れにのって、日本は食糧自給率を上げなくてはならない国という前提に立ち、「どう具体的に行うか」を報道している。
いわば金太郎あめ状態。


今時日本で行われる政策は、
万人にとって有益というような夢のような施策などない
はず。

食糧自給率を向上した場合にも、メリットを受ける人とデメリットが大きい人が存在するにも関わらず、
メリットばかりが誇張又はねつ造され、デメリット部分が無視
されている。

つまり食糧自給率向上に向けた動きの最も大きな問題は、
国民が大量のウソ情報によって催眠状態となって、コントロールされている
ところだ。

現実の真実を知らされた後で、国民自らが自由意思で判断するのであれば、何も異論はない。


食糧自給率を向上させなくてはならない理由として政府が挙げているのは、はだいたい以下のようなものだ。

1)食品の安全のため
2)戦争、天災などの有事のため
3)世界的食糧不足のため
4)日本の文化を守るため



では反論。

1)は国産食品が安全とういう考え方に基づいているが、これ自体が
迷信である。
そのようなデータは少なくとも僕が知る限り存在しない。
むしろアメリカの輸入通関で、国産食品のほうが中国産食品より
違反率が高いという信頼性の高いデータがある。それから判断するとむしろ食品のリスクが高まるということ。
つまり
1)の理由は国民の錯覚に基づいたものでしかなく、デタラメ
と言ってよい。

2)について。
今時、戦争によって日本が世界から孤立して食糧が輸入できなくなるなどとは考えられない。
孤立する可能性が極めて低いうえに、仮にそうなったとしても、莫大な食糧のお客さんである日本に売らないということは、輸出国にとって大打撃になるためあり得ないと言っていい。
天災にしても、日本に入ってこないほどの世界的天災など想定できないし、
自給率を向上させ狭い日本で生産されたほうが、天災によるリスクが高まる
ぐらいである。

3)について。
国のボーダレス経済が広がる中にあって、
食糧も基本的に高く買う方向に流れる。

最近、一部の国に輸出規制の動きがあるが、それは国内価格と輸出価格に大きな違いがない場合だけ。
日本の食糧輸入量の上位3カ国はアメリカ、中国、オーストラリア。
これらの国は食料輸出が巨大産業であり、高く売れる日本に輸出しなくなるということは、とても想定できることではない。

4)について。
具体的には、日本の食文化を守ろう、日本の稲作などの栽培技術や景観を守ろうということ。

確かに、文化というのは、一度消えてしまうと、復活させるのは困難なので、絶やしてはいけないという面では賛成できる。
ただし、既に日本の稲作を守るためには莫大な税金が投入されていることも忘れてはいけない。

農家に補助金を与え、米には700%もの関税をかけ、外国から安い米が入ってこないようにしている。


おかげで、食卓にのぼる米の自給率はほぼ100%。


食糧自給率39%しかないと言われるが、それでも農家に対して莫大なお金が使われているから、まだこれだけの自給率があるのである。


話をまとめると、食糧自給率向上によるメリットは2)と3)が可能性が0とはいえないという程度の可能性があることと、4)だけ
といえよう。

しかし実は、農家がいい思いをするというのが最大のメリット(農家にとって)だ。

そして政治家は与野党問わず組織的な農民票が欲しい。
官僚も権限を拡大できるからメリットは大きい。

つまり農家、政治家、官僚にとっては確かにメリットがある。


これに対して
デメリットは言うまでもなく、食品の値段が高くなること。

国際的な食糧価格の急騰で、日本で作る場合との値差は縮まってはいるが、それでも平均的にいうと通常で2倍。米は4〜5倍。

もう一つのデメリットは天災の影響が受けやすくなること。


日本で食糧パニックが起こったのは1993年。
全国的な冷夏を原因として、皮肉にも
食糧自給率100%の米で起こった
ことを忘れてはならない。


このような実態を知ってから何を選択するかはあなた次第である。


メディアはほとんど横ならびではあるが、例外もある。
テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」では違う世界観がある。

先週、食糧自給率向上問題を取り上げ、小谷真生子キャスターが
解説者に「今後高くなる外国のものを買うのがいいのか、国内で自給したほうが安いのか、どちらなのでしょう?」と聞いた。
解説の五十嵐氏は「おそらく、外国から買った方が安いでしょう」

思わず心の中で、拍手を贈っていました。

考えてみれば、当たり前のことだが、その当たり前の報道が少ないのが深刻な催眠状態に陥る要因でしょう。








posted by うな太郎 at 20:13| Comment(3) | TrackBack(2) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

”前提条件”の疑わしさ



日本で”常識”と思われていることが、実は非常に疑わしいことが多い。
ウソといってもいい。
以下の項目に関しては『食品の迷信』に書きました。

*中国産食品が危険
*国産が安全でおいしい
*天然が安全でおいしい
*農薬を使った作物は危険で有機が安全
*添加物入り食品が危険で無添加が安全


内閣府の調査によると、食品安全に関する情報の入手先として圧倒的に多いのがマスコミ(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)で、その割合は90.5%とのこと。

これは横並び体質のマスコミが一斉に間違った情報を流せば、それを信じてしまう人が多いということ。

情報統制されているどこかの国を特別視できない現状がここにあります。


ウソの情報を真実として信じてしまう怖さは、それを絶対的前提条件として議論し、対応を考え、結論を導き、行動までしてしまうことです。

食品の話から少しずれますが、地球温暖化問題

「二酸化炭素の濃度が高まることによって、地球温暖化が止まらないので、その排出量を減らさなくてはならない。」


これがすでに絶対的前提条件になり、もうその対策のためにどうすればいいかを真剣に議論している。

しかし、実際には地球温暖化と二酸化炭素の関係自体まだ研究中で、少なくとも「科学的知見」までいっていない。

それどころか、地球温暖化自体も疑わしいという科学者もまだ大勢します。

それなのにすでに、待ったなしの対策を打ち始めている理由は、
「その恐れがある以上、はっきりわかる前でも対策をとっておこう」ということ。

つまり前提条件自体が仮定のうえに立ったものということができる。
前提条件が絶対的なものか仮定なのかを抑えておくことは、極めて重要です。
なぜなら、それによって最終的な対応、対策が大きく変わってくるからです。

僕はこの種の危険を煽る情報は疑わしいと思っていましたが、案の定最近になって、反論の本が次々と出るようになりました。
「不都合な真実」のゴア氏が、自分にとって不都合な真実を無視しているやの批判も多くなっています。

20年前まで「地球が寒冷化している」と警鐘を鳴らした人間が、現在では、「温暖化している」と警鐘を鳴らしている
とも言われます。

しかし日本では”仮定”が”絶対的真実”にすり替わり、二酸化炭素削減に向けて世界を主導し、自ら莫大な負担を課そうとしています。


マスコミ情報を鵜のみにして、二酸化炭素削減のためにお金を使ったり、不自由な生活をする前に、自分で調べて考えてみてはいかがでしょうか。



話を食品に戻します。

食糧自給率。


「日本は食料自給率を上げるべき」というのはもはや日本人の常識と化し、それを絶対的前提として具体的議論に入ろうとしています。

自民党はもちろん、何でも反対の民主党も同じ方針。
共産党も賛成なので、多分日本の政党すべてが同じ考えなのでしょう。

つまり日本の政治家全員が、食糧自給率向上を目指しているという、民主主義の中にあってかなり気持ちの悪い状況です。

マスコミも横並び。

この問題も、情報を鵜のみにしないで、自分で調べて考えてみることをお勧めします。


次回は「食糧自給率向上のウソ」を書きますので、それも参考にしてもらえればと思います。




posted by うな太郎 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

遺伝子組換え作物〜意見編〜



前々回の「遺伝子組換え作物〜事実編〜」の続編で、今回は僕の意見を述べます。

世の中に出回っている多くの議論は、それぞれのメリットとデメリットを挙げることなく、一方的見方になっていることが多いものです。

批判する場合は悪いところだけを挙げ、推薦する場合は良いところだけを語るので、一見どちらも正しいように思えてしまいます。


前提条件の精査もしないで、その後の議論を始めるのは非常に危険です。
「食品の安全」問題ではそういったことばかりが行われています。

遺伝子組換えのメリットとデメリットを挙げます。

メリット;
1)収穫量が上がる
2)殺虫剤や除草剤などの農薬が少なくて済む
3)栄養価が高いとかアレルギーのない作物、病気に効くなどの有用な作物ができる可能性が高い


デメリット;
1)作物危険である可能性がある
2)環境への悪影響がある可能性がある
3)花粉を通じて周りの畑の作物が遺伝子組換えになる
4)生命の遺伝子を操作するという倫理上の問題点
5)神を冒涜する行為と判断する宗教上の問題点
6)アメリカに作物の覇権を握られる



僕は一言でいうと賛成派です。

上記を見るとメリットが少ないようですが、実際には、
人類を救える可能性があるほど強いメリット
があるといえます。

現在の人類が、いや日本人に置き換えてもいいですが、十分に満ち足りて、将来的にも安泰であるなら、遺伝子組換えは必要ないともいえるでしょう。

しかし、食糧不足が心配される中、自給率39%の日本がこのまま何もしないでいいはずはありません。

遺伝子組換えによって、収穫量が劇的に上がって、しかも農薬や除草剤が少なくて済むのであればこれほどのプラスはありません。

また、技術が進めばアレルギーを起こさない作物や栄養価の高い作物、暑さや干ばつに強いものなど、あらゆる可能性があります。

無農薬栽培は夢の作物とは程遠いですが、遺伝子組換えはその可能性をはらんでいるといえます。
いや事実、すでに世界中で実績を上げ、結果として表れているともいえるでしょう。

考えるべきは、これだけの大きなメリットを上回るだけのデメリットがあるかどうかです。


1)と2)はすでにほとんど問題ないことが確認されています。

仮に、今後何らかの問題が起こるとしても、「怖れ」だけでやめる理由にはならないでしょう。
反対派は100年先はわからないといった「わからない」=「危険」
という考え方を持っています。
では、100年後に、今遺伝子組換えを禁止したことによって人類が飢える可能性と、遺伝子組換えによって不測の事態になる可能性、どちらが高いかといえば、前者なはずです。


3)は、確かに完全におさえることはできないでしょう。
しかし、これを恐れるのは遺伝子組換えを危険と考えるからであり、
安全であるのが科学的常識になった以上、懸念はあるとしても反対する強い理由にはなりません。

4)と5)はそれぞれの考え方なので、他人がどうすることもできません。
ただ、遺伝子組換えというのは、新しい品種を作ってきた今までの作物改良の歴史と大きく変わるものではありません。

現在私たちが食べている食べ物のほとんどすべてが、人間が人間に都合がいいように新たに作った品種(生命)です。

新品種を作ること自体が、生命をいじるものであり、遺伝子を変えるものです。

その方法が交配や細胞融合などによるものか、遺伝子組換えによるものかだけの違いで、人々の反応が大きく違うのは、倫理感というより感情やイメージによるものと思います。
既に遺伝子に紫外線や圧力を与える手法による開発もとっくに行われてもいます。

反対派は遺伝子組換え野菜をフランケン野菜と呼びます。

実際には交配という手段で、どんな突然変異作物ができるかわからないのに比べ、遺伝子組換えのほうがピンポントで制御できるので、安全という見方もあります。

5)もメリットを覆すだけの理由には程遠いと思います。
最初のうちはしょうがないとしても、日本が本格的研究に取り組むことによって、いずれ世界の先頭を走るのを目指すべきです。


遺伝子組換えの普及は最初の情報発信で失敗したと言われています。

最初に農家のメリットだけを謳い、消費者のメリットがわからなかったため、デメリットだけが強調されました。


しかも虫が遺伝子組換え作物を食べて死ぬ映像が世界中に流れ、衝撃映像として、遺伝子組換えが危険な何よりの証拠と捉えられました。

実際には、虫には毒でも人間に無害か低毒なものはいくらでもあり、農薬でも今はそういったものが主流です。
この作物も人間には無害でした。

また、この虫は決してメジャーな虫ではないため、環境への影響もほとんどありませんでした。


日本ではもっと客観的で分かりやすい説明と議論が起こるべきと思います。


「よくわからないけど危険といわれているから反対」
というのが今の日本人の典型的考え方と思います。

報道はデメリットや恐怖を語ったものばかり。
それはいつものこと。

ちょっとでもデメリットが顕在化すると、デメリットばかりが強調され、すべてのメリットが忘れ去られてしまう。

わずかなデメリットを恐れ、技術革新を拒否するのであれば、そこに進歩はないどころか、先には停滞と衰退が待っているだけ。


それが現在の日本ではないでしょうか。

「触らぬ神に祟りなし」とよく言われますが、この場合確かに祟りはないかもしれませんが、生存競争から離脱した者の衰退が待っているように思います。

非遺伝子組換え、国産、無農薬など、値段が高いほうばかりを志向して今後に展望はあるのでしょうか。
別に深い考えがあって判断しているのではなく、感情やムードで判断しているとしか思えません。

経営コンサルタントの大前研一氏は日本人のことを「内向き、下向き、後ろ向き」と表現していますが、まさに言いえて妙です。

どちらを選ぶかはもちろん個人の自由です。
ただ遺伝子組換えを利用する自由を奪うべきではないし、それ以上に国家戦略として考えていく必要があると思います。

もし遺伝子組み換えに反対するのであれば、食糧危機や値段の高騰を抑える代替案を出すべきと思います。
ついでに大豆や小麦アレルギーの人に対してアレルギー反応の起こらない大豆や小麦の開発をあきらめなくてはならない理由も提示してほしいものです。


posted by うな太郎 at 21:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

先日の「カンブリア宮殿」



今回は予定を変更して、先日放映された「カンブリア宮殿」の番組内容についてお話します。

村上龍と小池栄子が司会を務めている人気番組なので、知っている方も多いと思います。

ゲストは「宅配大地」という、無農薬や有機野菜を中心とした食品の宅配を行っている会社の社長。

この社長の語り口は誠実そうなのですが、言っている内容は、論理の飛躍と詭弁に満ちたもので驚きました!


まず、前提が
「農薬使用野菜は危険で、無農薬野菜が安全」としています。
このことは多くの人がそう信じており、その前提から始まるパターンは珍しいものではないので、とやかく言うつもりはありません。

ただし、無農薬であることによってリスクが高まる要素があるため、このことは科学的に全く証明されていないことであることだけは、はっきり断言しております。

しかし、その次には「おいしい」が来ていました。。

無農薬でおいしいというのは、つながりません。

例えば、特別おいしい品種だとか、獲れたてを宅配しているとか、
そういう理由ならわかります。

これもほとんど詳しい説明もなく、「おいしい」と語り、
「うちのを食べたらスーパーの野菜は食べれないと言われます」といっていました。

いつのまにか、無農薬で品質管理をしっかりしているから「おいしい」ことになっています。

それも司会者に生野菜を食べさせる念の入れよう。

このような状況で司会者は「おいしい」というに決まっているし、何より実際に宅配に使用されている平均的なものなのか、一番おいしいものなのかもわかりません。

この会社は基本的に週に1回の宅配を行っているので、到着してすぐ食べるか、1週間して食べるかによっても味が違うはずです。


そして、
司会者の
「こういうものはお金持ちしか食べられないということになりませんか。」
の問いに対して、
社長は、
「安い食品を買うことによって、健康が害される、医療費がかかるなどを考えると、トータルではうちの食材が有利」


う〜〜ん、これは「恐怖商法」(恐怖を煽ることによるお金儲け)
従事者によくある論法ですが、よくテレビではっきり言ってくれました。

僕はずっと通常栽培の野菜しか食べてませんし、中国産も抵抗なく食べてきましたが、45歳で健康そのものです。
日本人のほとんどが僕とあまり変わらない食生活を送ってきたはずですが、日本人は世界的長寿で健康な老人が多いですよね。
通常作物を食べたことによって、身近な人が具合悪くなったとか、病院に運ばれたケースもないはずです。
あれば大きなニュースになりますが全くありません。


さらに極めつけ。
「会員の方からは、利用してから食費が1〜2割程度しか上がっていない、という声をいただきます。」
「理由はうちの野菜がおいしいので、スーパーや外食で食べるものがまずく感じられ、そういうところに行かなくなるから。」


これが本当なら魔法の食べ物ですね。

我田引水とはこのことではないでしょうか。

従来の2〜3倍(中国産との比較では3倍以上と思われます)するものを買っていながら、食費があまり変わらないようにするためには、外食の頻度にもよりますが、基本的に量を減らすしかありません。
ほとんど外食をしない(又はごく安いところでしかしない)家庭であれば、量を2分の1から3分の1に減らさなくてはなりません。

もしかして、おいしいから満足度が高くて、少なくても済むのでしょうか(笑)

つまり話の筋道はこうです。


1)無農薬野菜は安全
2)無農薬野菜はおいしい
3)これを食べると健康になり医療費も少なく済む
4)これを食べるとスーパーや外食に行かなくなり、食費はあまり変わらない



厚生労働省は、そのガイドラインで「無農薬野菜」という表示を禁じています。理由は、
「そうでないものより優位性があると誤認される恐れがあるから」です。
つまり厚生労働省は農薬を使用しない作物に何らかの優位性があることを認めていないということです。
だから、減農薬、無農薬とも「特別栽培」と表記しなくてはなりません。

有機栽培の先進国イギリスでは政府機関が
「有機栽培作物が、人体に安全であるとか、栄養的にすぐれているといった科学的証拠はない」と語り、
そうでない作物より優位性があるとの広告を禁じています。


特別栽培(無農薬栽培)といっても使用して良い農薬もあれば、農薬指定を受けていない薬を使ってもよいわけで、その中には安全性の確かめれれていないものもあります。
木酢液はその例です。


つまり、無農薬栽培作物が体に良いというのは単なる思い込みにすぎない可能性が高いわけです。



現在、流通している最も安いもので、十分安全なのに、
人々の思い込みに乗じて「病気になる」かのような恐怖心を煽って
商売につなげていくことが、許されてよいのでしょうか。


今回の場合、前提自体に問題がありますが、さらに一つ一つの結論に無理、矛盾がありました。

特に最後には笑ってしまいました。。


しかし、一般の人はそのことに気づかないどころか、感動すらして納得している人が多いのではないかと思うと、僕がもっと正しい情報を発信していかなくてはならないという責任を感じてきます。



posted by うな太郎 at 22:12| Comment(9) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

遺伝子組換え作物〜事実編〜



僕も食品の安全を語っている以上、遺伝子組換えについて触れないわけにいきません。
今まで取り上げなかったのは、問題が複雑なので、ブログの1回や2回で語りつくせるものではないからです。

この問題は
既に世界中で、様々な立場の人たちによって大激論が交わされ、語りつくされた感
もあります。

ただ、取り上げる必要性があるのは確かなので、説明不足を恐れず、
今回を〜事実編〜そして次回を〜意見編〜ということで、述べさせていただきます。


遺伝子組換え作物は
アメリカで1996年から商業栽培が開始されました。

遺伝子組換え作物は、特殊な遺伝子を組み込むことによって、

「収量が増える」「除草の手間が省ける」「農薬が少なく済む」

というメリットが謳われました。

しかし、この作物に関して世界中から大きな反対が巻き起こりました。
反対の主な原因は

●作物の安全性が確認されていない
●環境への影響がわからない
●花粉を通じて周りの畑が汚染される影響
●生命の遺伝子を操作するというのは倫理に反する
●神を冒涜する行為
●アメリカによる、作物の世界支配


アメリカでは、国内的な反対意見は根強いものの、1996年以降栽培面積を急激に増やしました。
2005年には
アメリカの農場面積の約55%(5千万ヘクタール)が遺伝子組換えになり、現在ではさらに増えていると思われます。

5千万ヘクタールというのは、
日本の全農地面積の約13倍です。

また、このとき既にアメリカでの大豆の87%、トウモロコシの52%が遺伝子組換え品種に替わっています。


アメリカ以外で遺伝子組換え作物を当初から積極的に取り入れた(栽培する)国は少なく、
アルゼンチン、カナダ、中国
程度でした。

EUでの拒否反応、反対運動は特に激しく、1999年から2000年にかけてEU内の実験農場の破壊・妨害活動が頻繁に起こるなどしたため、取り組んでいたアメリカの会社はEUから撤退することとなりました。
EUの反対が激しかった背景には、以下のことが挙げられます。

●イギリスでBSE(狂牛病)により多くの死者を出した教訓から食の安全に敏感であった
●反対する環境保護団体、宗教団体の活動が活発
●アメリカの穀物支配を恐れる
(遺伝子組換え種子の特許はアメリカの会社が持っている)

2000年以降は、栽培する国が増え、
ブラジル、インド、南アフリカ、オーストラリア。
そして2004年ごろからは
ドイツ、フランス、スペインなどEU内の国々でも栽培が始まり、急激にその面積を増やしています。

ただし、一方では世界中の自治体や生産者レベルで、GMOフリーゾーン(遺伝子組換え作物禁止)を新たに決めるところも出てきています。


日本では現在でも反対世論が強く、事実上、実験農場すら認められていません。



現在、世界中で栽培されている遺伝子組換え作物の90%が
「除草剤耐性」と「殺虫性」。

各国(主な国)の栽培作物は以下
アメリカ・・・大豆、トウモロコシ、綿、ナタネ、カボチャ、パパイヤ、
アルゼンチン・・・大豆、トウモロコシ、綿、
ブラジル・・・大豆
中国・・・綿

遺伝子組換え作物の実際のメリットとして、
大豆の収量が6倍に上がったとか、綿の殺虫剤散布が5分の1に減ったなど様々な成果が報告されています。
ただし、干ばつのときはむしろ通常作物より被害が大きいとの報告もあります。

遺伝子組換え作物先進国アメリカでは既に10年以上の栽培経験を経ていますが、今のところ、組み換え作物による食品被害や、環境への悪影響として明確な物は確認されていません。


日本ではあまり議論すら十分に行われていませんが、栽培が許されないだけではなく、遺伝子組換え作物を口にすることへの拒否反応が強いといえます。


遺伝子組換え問題は、拙著『食品の迷信』には書ききれなかった項目です。
次回は、〜意見編〜ということで、僕の個人的な意見を表明します。


posted by うな太郎 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

ご迷惑をおかけしています。



拙著『食品の迷信』は4月26日発売以来、アマゾンで売り切れ状態が続き、ご迷惑をおかけしています。

配送上のトラブルがあった模様です。
爆発的に売れたからではありません。(笑)

ただし現在(5月1日午前)楽天書店又はポプラ社ホームページからは購入できますので、よければこちらで購入して下さい。


【楽天】販売ページへ

【ポプラ社】販売ページへ
←編集者の解説入り




posted by うな太郎 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。