2008年06月26日

本日(26日)、TV出演します



本日、
tv朝日の「報道ステーション」
にて僕のインタビューが出ると思います。

先ほど、僕の事務所での取材が終わったところです。

ほとんどぶっつけ本番で、カメラが回っていたので、アセリました!(^_^;)



さて、今回の魚秀と神港魚類のウナギ産地偽装に関して、その背景を少しお話しします。


僕自身、彼ら担当者はよく知ってはいるものの、偽装を持ちかけられたことはないし、今回の偽装方法は非常に特殊なので、推測も含めることを、あらかじめお断りします。

魚秀は昨年の夏に自らが輸入した中国産鰻蒲焼きで、違反品を出しました。
これは通関時の検査が合格して市場に出回った製品から、
禁止抗菌剤のマラカイトグリーンが検出
されたものです。

通常、違反品が出ただけでは、大きな問題になることはなく、違反品のロットを回収、廃棄すれば済むことです。

しかし、このときは彼らにとって非常に運が悪く、
全国放送で大々的に報道され、しかも同じ製品の箱まで映像で流されました。


魚秀はこのとき、本来であれば、違反品と同ロットだけを回収するべきところを、
同ブランドすべてを回収
することとしました。

多分、返品数量は、違反品ロットの数百倍はあったと思います。

在庫を持っていた業者にとっては、非常にありがたい対応でした。
なぜなら、ブランドとは関係なしに、売れないで困っていた物を返品できることになったからです。

「やりすぎでは」との声も少なくありませんでした。

このとき、僕は中谷社長に聞きました。
「返品したウナギはどうするのですか?」と。
すると彼は、
「いずれほとぼりが冷めたら売らなきゃならないでしょう」



多分、風評被害が収まったら、売れてくると思っていたのでしょう。

このとき、頭の中にすでに「偽装」があったという考え方もありますが、全量回収の方針は親会社の社長主導だったようなので、僕はそうではないと思いたいです。

結局、その後サッパリ売れませんでした。

中国産というだけで売れないのに、ましてや”事故”を起こした返品の品なので、余計です。

売れるとしても中国産相場のキロ200円下。(15%安)


この状況をどうにかしようとしたのが、今回の偽装の背景だと思います。


一つだけ断わっておくと、昨年マラカイトグリーンが検出されたこと自体は決して”加害者”などということはできません。
なぜなら、養殖や農産物を扱っている以上、検査で100%シロということはありえなく、だれでも引っかかる可能性はあります。
例え、無農薬を謳っていてもです。
現在の厳密な検査基準は、扱っている誰もが「いつ引っかかるかもしれない」といった思いを抱いています。

ただ、例え引っかかったとしても、健康被害を起こすことは現実的にありえないことも明白なのです。

だから、検査に1回引っかかっただけで、大問題となったこの事件に関しては同情すべきものはありました。

それが今回のような悪質ともいえる手口での偽装に結びついたとしたら、残念でなりません。

昨年までだったら、世間の目も今ほど厳しくなかったので、もっと簡単に偽装を行えたのでしょうが、今年からはそうもいかなくなったというのもあるでしょう。

魚秀の関係者2人と神港魚類の担当者は、業界でも知られたやり手だっただけに、業界への衝撃と落胆は大きなものがあります。

ちなみに3人とも何回も一緒に食事をしたこともあります。
だからか、いつもより避難、追及の言葉が弱いことにお気づきでしたか?(-_-;)
一人一人の人となりは、ここではやめておきます。

彼らがテレビのトップニュースになって映っているのが、何か夢を見ているようです。

posted by うな太郎 at 20:38| Comment(7) | TrackBack(1) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
食品の迷信を読ませていただいてて、近い将来にいつかこんな日が来ると思っていました。余計に、今の日本が見えてきますネ。
黙っていれば分からないのではなくそんなに忠誠心を持つ人もいない日本の現実。

いつか光が当てられるのですから、悪徳商法ではなく、正直に真面目なご商売をしていただきたいと願います。

今の社会は、食品や日用品を扱っている人の常識は、おかしすぎます。
「ほんものであたりまえ」に変わって欲しいと切に願います。
Posted by Lilyangel at 2008年06月26日 22:28
今回の事件は、まともに商売をしている国内の生産、販売者。輸入業者にとって大きな打撃となりました。犯罪は犯罪として厳しく処して貰うこととともに、ただ、偽装を行う側のモラルハザードを“高みから断罪する”ということだけであってはならない、とも思います。
きちんとした生産管理をした国産うなぎが評価されるとともに、輸入うなぎもまた同様の評価がされるべきだ、と今回の事件を機により強く思います。
Posted by 日日不穏日記 at 2008年06月27日 00:42
国産って何?と言う疑問が涌いています。
里帰りうなぎを国産表示ですか。
購入者はラベルの表示を信じています。
こんなことが続けば表示の内容が
疑われてしまいますね。
Posted by のりあき at 2008年06月27日 08:03

事実はもっと奥深いのでは。

回収して残った在庫が800トンですか?

偽装する為に中国から輸入したのでは?

893の関わりもあるようだし。

架空領収書を発行してるみたいだし。
現金はどこ行ったのかな?

懐にだいぶ入ったのでしょうね。

で、一人が被ったと。

お金はすべて没収されますか?
余罪もあるでしょうに。
そっちの方がもっと儲けてたりして。
Posted by 真の目 at 2008年06月27日 09:30
鰻にしろ、飛騨牛、にしてもJAS法などの法律があるので問題になるので、無くせばいいでしょう。トレーサビリティ、生産履歴などと言っても、所詮紙切れ,誤魔化そうとする人はどんな手を使っても誤魔化しますよ。今までみんなそうでしょう。消費者がそれぞれ知識と教養を身につけて,感性を磨き自分で見分けて,騙されたら二度と買わないことです。法律を作れば作るほどお役人様が喜びますよ。監督指導しなけりゃいけないから人も増やして予算も増やさなけりゃいけなくなります。タクシー乗ってビール貰って帰る人増やすんですか。まじめにすばらしい鰻や牛を育てて良い商品を扱う程、引き合いが多くなって、商品が足りなくなり、最後に悪魔のささやきに耳を傾けてしまうんではないですか。
Posted by にょろり at 2008年06月27日 10:56
この会社は、
あと何件(架空)会社を作ったんでしょうね?

1件じゃあないでしょう。
Posted by 予想 at 2008年06月27日 13:56
中国産ウナギの産地偽装を行った水産物輸出入販売「魚秀」(大阪市、中谷彰宏社長)の親会社「徳島魚市場」(徳島市北沖洲四、吉本隆一社長)が、二〇〇七年七月に徳島県から「安全性に問題がある」との指摘を受けて自主回収し、県に「焼却処分する」と報告していた中国産ウナギの冷凍かば焼き約四トンが、徳島市中央卸売市場内にある徳島魚市場の関連会社の冷凍倉庫で保管されていることが二十七日、分かった。徳島魚市場は、県の調査に対し、約九カ月間にわたって処分していなかった事実を認めている。

 ウナギ産地偽装問題を受け、二十六日に徳島保健所の職員二人が倉庫内を調べたところ、段ボール箱に入った状態で棚に積み上げられていた。

 問題となったかば焼きには、合成抗菌剤・マラカイトグリーンの代謝物である微量のロイコマラカイトグリーンが含まれていた。群馬県の前橋保健福祉事務所が〇七年六月、食品の安全点検の一環で量販店から回収した商品から検出された。

 群馬県から連絡を受けた徳島保健所が、七月十二日に徳島魚市場への立ち入り調査を実施。主に関東方面に出荷され、県内での流通は確認されなかったが、「食品衛生法違反の疑いがある」として同十四日に口頭で販売自粛を指導した。

 県の指導を受け、徳島魚市場は該当食品約二十トンのうち約四トンを自主回収し、九月二十八日に回収完了届を県に提出。回収した食品は倉庫で保管した後、「焼却処分する」と説明していた。

 県は処分に立ち会うことにしていたため、徳島魚市場に何度か処分予定を電話で問い合わせていた。最後に連絡した今年六月初旬には、担当者が「処分を依頼する産廃業者を探しているが、まだ決まっていない」と説明したという。

 徳島新聞社の取材に対し、徳島魚市場は「担当者が不在なので(回収した食品については)取材に応じられない」とした。

 県生活衛生課は「箱から出して再出荷した形跡は認められなかった」とした上で、「保管しておくこと自体に法的な問題はないが、早急な処分を求めるとともに、間違って出荷されることがないよう監視を続ける」と話している。

Posted by やっぱり at 2008年06月28日 16:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101601116
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

魚秀
Excerpt: 本日(26日)、TV出演します ... ほとんどぶっつけ本番で、カメラが回ってい...
Weblog: さかいの出来事
Tracked: 2008-06-26 23:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。