2008年06月29日

魚秀と神港魚類続々編



魚秀の中谷社長は、
「魚秀の福岡営業所の担当者と神港魚類の課長が計画した」
と語ったそうですが、それに偽りはないと思います。

中谷社長は、今回の一連の計画を先導的立場でやるような人ではない
と思うので。


さて、今回のウナギ偽装は金額規模が大きいことと、ワイドショー的な話題も手伝って、大きなニュースになっています。

しかし、僕が昨年来、何度も書いているように、
食品偽装などどこでも行われて
おり、ニュースになるかどうかは、捕まるか捕まらないかで決まっているだけ。

ウナギは少なくとも昨年までは、”国産”表示の8割がニセモノ。
摘発された数量は、偽装された量の10%以下。

ウナギは単なる象徴で、他の魚種、他の農畜産物でも、
いやいや、日本社会全体が偽装社会。
だから
「一億総偽装社会」
とも以前書きました。

メディアの論調、一般市民の感じ方も相変わらずの反応。
偽装した人を”特別な悪”として糾弾し、
「倫理感覚がマヒしている」とする。

しかし、偽装は特別ではない社会であることは明らかです。
なぜ、偽装が日本社会全体にまん延しているのかを考える必要があると思います。

そこで行きあたるのは、

「同じ立場になれば誰でもやる」
ということ。

私企業であれば、競争社会。
個人対個人であっても競争に敗れたら、左遷、リストラにあう。
例え、社内で優秀であっても、それで満足ということはない。
自営なら余計切実。

目の前に簡単な大きな利益が転がっており、誰も見ていない、今後見つかりそうもない、と思えば、やってしまうのが人のサガ。


公務員だって、自分の所属先の利益と自分個人の利益を奪取するのに必死。偽装だってある。

僕は、むしろ偽装事件に対して、
激しい非難を浴びせるばかりの人ほど怪しいと思う。
自分がわかっていないか、自分ができなかったのが悔しいのではないかと。
あと、一般の経済競争原理が働いていない仕事をしている人には理解できないのかもしれません。

偽装は今後もなくなりません。
産地やブランドによって大きな価格差があるうちは。


もちろん、規制強化や法律改正などは一定の抑止力になりますが、まさか秘密警察の時代に戻るわけにもいかないので、それだけで撲滅は無理。

偽装が減ってホンモノがわずかになれば、ホンモノの値段がさらに高くなる。ということは、偽造のウマミはさらに高まる。

社会を良くできるのは、政治家や役人ではなく、消費者自身。
自分を守れるのも自分自身。


見ても食べてもニセモノかホンモノかわからないのに、肩書きが良くて高い方を選ぶのは、騙される可能性が高い。

また、中国産と国産の安全性は何も変わりないかむしろ中国産のほうが安全なのに、国産を安全と思いこむ勘違い。

養殖のほうがおいしいのに、天然信仰で高いお金を払う人。
魚は死んで時間が経ったほうがおいしいのに、生きてるものを崇める人。

無添加、無農薬は安全でおいしいから高くても買う、という人。

そういった「食品の迷信」が、結果的には偽装を助長し、自らが騙される道を選ぶ。

騙されたことに途中で気付く人はまだ幸い。
新興宗教化してしまった人も多い。

最近テレビに3回立て続けに出ましたが、すべてチョイ役。
僕の主張を取り上げてくれるところないかな〜(笑)

posted by うな太郎 at 15:07| Comment(12) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うなぎに関して「中国産と国産の安全性は何も変わりないかむしろ中国産のほうが安全」と書かれるのは、中国産(というか輸入うなぎ)が厳しい検査基準をパスしてる、ってことなんでしょうが、国産のうなぎに対しては、そういう検査基準がないってことなんでしょうか。
中国産うなぎの<危険性>ばかりがメディアで報道される反面、国産うなぎが報道されるのは<偽装>に関するものばかり。両者の安全性をきちんと検証して報じるものが、全くと言っていいほどないので、メディアの情報の垂れ流しに日々晒されるばかりです。
実際のところ、両者の安全性は比較してどうなんでしょうか。
Posted by 日日不穏日記 at 2008年06月29日 18:35
コメントありがとうございます。
一言でいうと、国産も中国産も十分に安全なので、何の心配もいりません。
その優劣をつけることに意味がないほどです。ただ、中国産のほうが輸出時、輸入時ともに厳しい検査を行っているので、より安心ということです。

Posted by うな太郎 at 2008年06月29日 20:23

こんな偽装肯定的なコメントにがっかり。

大勢の人が見ているのに・・・。

私に言わせれば、こんなコメント書く人が
いるから、日本はちっとも好くならない!


「6月29日の毎日新聞記事より」

ウナギ産地偽装:
魚秀、偽装計画後仕入れ350トン 
「在庫処分」と矛盾
 
中国産ウナギの偽装問題で、
徳島市に拠点のあるウナギ輸入販売会社
「魚秀」(中谷彰宏社長)が今年1〜6月、
中国産ウナギ約350トンを仕入れていた
ことが分かった。
中谷社長は「偽装は在庫処分が目的」と説明
しているが、偽装を計画した1月下旬以降に
大量のウナギを買い付けており、利ざや目的
だった可能性が出てきた。

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

これでも、この人の方を持つのですか?

Posted by at 2008年06月30日 09:45
このブログは注目していたけど、今日の書き込み内容はちょっと解せないですよ。中谷彰宏を擁護するなんて信じられません。
Posted by あのねのね at 2008年07月01日 11:30
悪質さでいえば、中国産ウナギを偽装した卸売業者「魚秀」は、その巧妙な手口において郡を抜いている。魚秀は、中国から輸入したウナギを国産、しかも「愛知県三河一色産」と偽って、マルハニチロホールディングスの子会社「神港魚類」に出荷していた。その数約205万匹以上と、半端な数ではない。彼らは架空会社を製造者として介在させ、出荷までに2社の商社に帳簿だけ取引の間に入る形にして、取引を複雑にして、ばれないように工作していたのだ。現在は事情聴取の段階で、どちらの会社が主導したのかわかっていないが、いずれにしてもJAS法違反だけでなく、不正競争防止法違反であり、詐欺罪の適用も免れないだろう。

バイオテクノロジージャパンのfoodscienceより

あなたは完全に見誤った。ここははっきりとそれを認め謝罪するべきでしょう。
Posted by yama at 2008年07月02日 13:46
『中谷社長は、今回の一連の計画を
主導的立場でやるような人ではないと
思うので。』

計画立案したのは魚秀の元役員でしょう。
しかし、この社長はその実行犯でしょう!
しかも実行犯の中心人物では。

これを「主導的立場」でないと言えるの
でしょうか?
Posted by at 2008年07月02日 14:10
おやおや、ブログの始めの
「主導的立場」が「先導的立場」に
表現が変わりましたね。

でも、当ブログ内でも言われてますように
「一回味を占めてしまうと、二回三回と
 やってしまうんですよね。」
と、当ブログでは言っているのですよね。

正に巧妙複雑な手口ですけど、
考えが・・・。
Posted by at 2008年07月02日 18:05
あ〜あ、出ちゃった。

<神港魚類ホームページ>より
       お詫びとお知らせ
お客様各位

 このたびのうなぎ蒲焼商品にかかる産地表示違反(うなぎ産地偽装)事件につきまして
は、大変ご心配とご迷惑をおかけしておりますこと、心より深くお詫び申し上げます。
さて、当該商品につきましては、お得意様経由で自主的に回収を行っておりますが、農
林水産省の調査の結果中国産であることが判明いたしましたので、安全確認のための検査
を自主的に行いました。その結果、養殖水産動物への使用が禁止されている合成抗菌剤で
あるマラカイトグリーンとその代謝物であるロイコマラカイトグリーンならびにニトロフ
ラン代謝物であるAOZが一部検出されました。


※)去年の回収品以外でも、残留していたロットがあったんですね。
Posted by at 2008年07月03日 14:03
信じられん事書いてますね〜。管理人の人間性が出ましたね〜。
Posted by buta at 2008年07月04日 18:40
はじめまして。
昨今の産地偽装やブランド偽装は、国内ブランドの価値を高めようとするがためのマスコミを利用した工作活動(中国産は危険などの情報を垂れ流す)と、国民の不安に付け込んだ悪徳業者による偽装だと認識しています。
庶民レベルでも、うなぎのおいしさを楽しめるところに中国産うなぎの価値はあると思うのです。
Posted by たらちゃん at 2008年07月24日 08:06
食品偽装テロリスト首領(神港魚類社長)退任へ ウナギ産地偽装事件で引責
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20090424-00000057-jij-soci
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001854441.shtml
消費者なめるのもほどがある。
さっさと廃業するか、身売りしろ。

さらに叩けばいくらでも埃は出て来る(神港魚類と同じマルハ傘下の荷受一覧)
神港魚類株式会社(兵庫県神戸市)
http://www.maruha-shinko.co.jp/uodas/sengyo.html
大京魚類株式会社(京都府京都市)
http://www.maruha-daikyo.co.jp/sosiki.html
大都魚類株式会社(東京都中央区)
http://www.daitogyorui.co.jp/jp/about/about_info.html
大東魚類株式会社(愛知県名古屋市)
http://www.nagoya-daitoh.co.jp/
株式会社築地フレッシュ丸都(東京都中央区)
名北魚市場株式会社(愛知県西春日井郡)
観音寺海産株式会社(香川県観音寺市)
境港魚市場株式会社(境港市)
株式会社マルハ九州魚市ホールディングス(福岡県福岡市)
九州魚市株式会社(福岡県北九州市)
熊本魚株式会社(熊本県熊本市)
株式会社別府魚市(大分県別府市)
鹿兒島魚市株式会社(鹿児島県鹿児島市)
Posted by 凶都大狂ぎょ類株式会社 at 2009年04月27日 20:35
食品テロリスト殲滅法違反
判決:日本中引きまわしの上
投石刑、打首獄門!!!
元食品テロリスト三笠フーズ冬木三男大首領
元食品テロリスト呂月庭特工員
元食品テロリスト神港魚類大堀隆首領
元食品テロリスト神港魚類北本順一特工隊隊長
元食品テロリスト徳島魚市場吉本隆一首領
元食品テロリスト魚秀中谷彰宏特工隊隊長
Posted by 食品テロリストの首領様へ at 2010年05月05日 13:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101799131
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。