2008年07月04日

マラカイトグリーンの検出



神港魚類が、自社が販売した「偽装うなぎ」の中から、マラカイトグリーンと、その代謝物であるロイコマラカイトグリーンが検出されたことを発表しました。

ただ検査をするのであれば、256トンを買い付けた時点でするべきことです。
「国産と思っていたから検査をしなかった、中国産の疑いが出たから検査をした」というのは、あまりに不自然。

神港魚類は、「仕入先が悪質だった」ことを印象付けるために、或いは返品を受けさせるために、マラカイトグリーンが検出されるのを望んでいたのではないかと思われるフシがあります。

さて、今回検出されたマラカイトグリーン(0.005ppm)ですが、人体にどの程度の影響があるのでしょう。

マラカイトグリーンは、観賞魚用に使用される抗菌剤で、食用魚への使用が禁じられています。

明確な発がん性は認められていませんが、
発がん性の疑いがある物質
とされています。
ロイコマラカイトグリーンはマラカイトグリーンを使用していた証拠と認められます。


それに関して、詳細な実験データを元に、学術論文的に書かれている記事をご紹介します。
質が高いため、僕もなかなか理解できないのですが(笑)手っとり早く結論を知りたい人は、下の抜粋をご覧になってください。
知的興味のある方はぜひ読んでください!

うねやま研究室●「発がん」物質と「発がん性が疑われる」物質--マラカイトグリーンの例


〜〜〜上記サイトより引用〜〜〜

オーストラリア・ニュージーランド食品基準庁(FSANZ)のQ&Aでは、マラカイトグリーンにヒトでの発がんリスクがあるとは言えないと表現しています。
カナダ食品検査庁CFIAでも、微量のマラカイトグリーンを含む魚を通常の範囲内で食べることによる健康被害はないとしています。
そして米FDAも、中国からの輸入品の検査命令を出すに当たって、既に購入した水産物にマラカイトグリーンが含まれている可能性があったとしても食べても安全であるとし、店頭に出回っているものについても回収の必要はないと発表しています。

 このような背景情報があれば、「中国産ウナギに発がん性物質」というメディアの見出しに惑わされて不安になったりする必要はないのです。
マラカイトグリーンは養殖に使用することが認められていない物質なので、検出されること自体は問題があります。
しかし「もし知らないうちに食べてしまっていたらどうしよう」などと恐れるようなものではありません。
消費者としては、ウナギの蒲焼きを食べるのでしたらむしろ焼き過ぎや食べ過ぎに注意した方がいいでしょう。

〜〜〜引用終わり〜〜〜

「食品の迷信」でも書きました。

結論からいうと、人体に全くといっていいほど影響ないということ。
「1日数百キロを毎日食べても健康被害がない」レベルのものをなぜ取り締まって、廃棄処分にしなくてはならないのか、改めて問い直したい。

*「うねやま研究室」の内容を今回の違反にそのまま当てはめると、「1日50,000kg(50トン)を毎日一生涯食べ食べ続けて、自然発生する腫瘍が2倍になるかどうか、という程度のリスクがあるかもしれない」ということになります。
同様の事例が他にもたくさんあります。
詳しくは「食品の迷信」を。

posted by うな太郎 at 09:39| Comment(16) | TrackBack(1) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マラ会とグリーンが発ガン性の疑わしい物質なのはその通りですが
カナダやアメリカではすでにこれを検出した中国産食品を輸入禁止の処置にしてますよね

それに0.001ppmだからといって
使ってはいけないものなのだから量の問題ではないと思うのですが
Posted by ぽ at 2008年07月04日 09:51
それと質問なのですが
0.001ppmという量は
どのような用途で使う量なのでしょうか?
マラカイトを抗菌剤として普通に使う場合どのくらいを希釈してつかうのでしょうか?
Posted by ぽ at 2008年07月04日 09:53
>カナダやアメリカではすでにこれを検出した中国産食品を輸入禁止の処置にしてますよね

日本と同じく検査して問題の無い商品は
流通しておりますが。
又、輸入禁止の処置は今までありません。
そういう虚偽の報道は流れていましたが。
Posted by うなぎ屋譽兵衛 at 2008年07月04日 13:37
「1日数百キロを毎日食べても健康被害がない」レベルのもの・・・とはどういう計算か?うねさんの記事では、何キロまで食べても健康被害なしという記述はなかったはずですが??
Posted by ぽち at 2008年07月05日 00:30
中国産食品の輸入禁止はありませんが、アメリカ、ヨーロッパ、中国ではすでに食用の魚に使用は禁止されています。中国では6年ぐらい前に使用禁止のものが平気で検出されます。そういう国です。
Posted by ぽち at 2008年07月05日 00:50
中国ばかり責めないで下さい。

日本だって養殖魚が全滅の危機にあれば藁にもすがる思いで使ってします所もあるのではないかと。観賞用には使用可なので、入手は可能ってことですから。
マラカイトは「水カビ」に効き目があります。使い方は「薬浴」が一般的か。中にはエサに混ぜる?
養殖魚は小さい時分、真菌の病気に弱いものです。菌糸がエラに蔓延り、機能不全を起こし養殖魚は死にます。その真菌が養殖魚の体に纏わり付いたことが確認されると、なんらかの手立てをしないと・・・。
制定前までは日本でも使用禁止ではなかったから、日本人も食べてる人多いと思いますが。そして、中国人に教えたのもきっと日本人でしょう。
モラルの問題という話になると思いますが、
私の記憶では日本での「マラカイト」の使用禁止はアメリカより二十年遅れて発せられました。そして平成18年5月30日より不検出でなければいけないと制令されました。そう、中国はNG!で日本は基準を越えなければOK!という時期があったと思います。
Posted by at 2008年07月05日 10:09
中国を責めるだけの、
日本人は真っ当なことをしている民族かということ。自分(自国)に他人(他国)責めるだけの証が存在するのかということ。

現在中国より輸入されるウナギで「マラカイト」が検出されるのは、この徳島魚市場・魚秀が輸入したものだけではありませんか?
Posted by at 2008年07月05日 10:35
マラカイトグリンを食べてガンになった人はいません。ネズミに食べさせてガンになっただけです。ネズミと人は生態が違うので最近では「疑いのある物質」という表現ですね。
日本でも最近までマラカイトグリンが使われていました。つい2年前までですね。マラカイトグリンに代わる物ができたから今では使用禁止です。検査が「うなぎ」だけになっていますが、検査すると色々な魚から検出されますよ。養殖魚や栽培魚は出ますよ。
なので、あまり騒ぐことないですよ。
Posted by のりあき at 2008年07月05日 12:05
「マラカイトグリーンを食べてがんになった人はいません」はおかしい表現です。実験も検証もしていませんから。もしそうであれば使用禁止などにはならないでしょう。正しくは一過性の摂取であれば、リスクは低いということです。「健康被害がない」と言い切るのはおかしいのです。

中国ばかり責めているわけではありません。日本でもニジマスとか使っていましたし、日本の水産も結構いい加減でしたから。今の中国は昔の日本のレベルという感じでしょうか?秩序が出来上がっていないため、気を付けないといけないとは思っています。
Posted by ぽち at 2008年07月05日 12:28
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080705-00000930-san-soci
中国では秩序などないようです。
日本の業者も悪質です。
Posted by at 2008年07月06日 00:26
そう昔から輸入物の薬物検査は強化されてきたが、日本の養殖物は野放し状態。中国の秩序を論ずる前に自国は大丈夫かってこと。日本の養殖魚の全ロット(池毎)に検査したら、どのくらいの薬物が検出されるか。未知の世界でしょう。
Posted by at 2008年07月06日 08:46
スーパーのセルフサービスのてんぷらコーナーや大皿料理バイキングでも、大丈夫なんだから。普通気にするかね?バッかじゃねーの?

あれ相当、埃や唾ノッテルヨ。半日くらい並んでるもん。トイレで手も洗わずにトング掴んでる人。俺か?大腸菌出るね。確実。でも問題ないじゃん。
Posted by sai at 2008年08月05日 23:21
国産は野放し状態なの?検査しないの?だったら回収した商品を国産にしようと思うよな。普通。だって検査されないんだろ?それマジ?ナゼニ?ドシテ?
Posted by at 2008年08月05日 23:30
食品テロリスト殲滅法違反
判決:日本中引きまわしの上
投石刑、打首獄門!!!
元食品テロリスト三笠フーズ冬樹三男首領
元食品テロリスト神港魚類大堀隆首領
元食品テロリスト神港魚類北本順一特工隊隊長
元食品テロリスト吉本隆一首領
元食品テロリスト中谷彰宏特工隊隊長
元食品テロリスト三笠フーズ冬樹三男首領
元食品テロリスト神港魚類大堀隆首領
元食品テロリスト神港魚類北本順一特工隊隊長
元食品テロリスト吉本隆一首領
元食品テロリスト中谷彰宏特工隊隊長
Posted by 元食品テロリスト神港魚類大堀隆首領 at 2009年12月31日 12:14
地に堕ちた大洋漁業(マルハ)、子会社が食品テロ起こしても
反省の色が微塵も感じられない。
食品テロリスト神港魚類大堀隆首領退任へ 毒入りウナギ事件で今頃になってようやく引責
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001854441.shtml
毒入りウナギ 神港魚類が食品テロリストの分際で魚秀に損害賠償請求 東京地裁
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002147923.shtml
※東京地方裁判所 http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai.html
毒入りウナギのかば焼き今頃になってようやく焼却処分 食品テロリスト神港魚類
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002271339.shtml
※食品テロリスト神港魚類と
同じマルハニチロ傘下の
(主要)荷受一覧
マルハニチロお客様相談室
0120040826
神港魚類株式会社(兵庫県神戸市)
マーケティング部品質管理課
電話 0120−140−080
E-mail:soumu@maruha-shinko.co.jp
http://www.maruha-shinko.co.jp/uodas/sengyo.html
大京魚類株式会社(京都府京都市)
E-mail:eitoku@maruha-daikyo.co.jp
http://www.maruha-daikyo.co.jp/sosiki.html
大都魚類株式会社(東京都中央区)
http://www.daitogyorui.co.jp/jp/about/about_info.html
大東魚類株式会社(愛知県名古屋市)
http://www.nagoya-daitoh.co.jp/
Posted by 元食品テロリスト大堀隆首領 at 2010年01月02日 08:04
そういやオリンピックの時、長野に中国人右翼が沢山集まってたな
Posted by at 2010年07月26日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102123031
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

今日の論点!ブログ意見集: 自主回収の偽装ウナギ行方不明? by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「自主回収の偽装ウナギ行方不明?」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿し..
Weblog: 今日の論点!by 毎日jp & Blog-Headline+
Tracked: 2008-07-07 22:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。