2008年07月14日

土用の丑の日を迎えるにあたって



今年の夏の土用の丑の日は7月24日(木)と8月5日(火)です。

今年のように土用の丑の日が2日あることが時々あるのですが、
なんといってもメインとなるのは、
第一土用の7月24日


土用の丑の日というのは、実は年に4回あって、季節の変わり目に当たり、精をつけるべき日とされています。

特に夏の土用は、江戸時代から伝統的に、夏バテ防止のためにウナギを食べる日とされています。
その由来は、
平賀源内が販売不振のウナギ屋に対して考案したキャッチコピー
との説があります。
平賀源内は、「エレキテル」(静電気発生装置)で有名ですが、「天才」と言われ、蘭学者、医者、作家、発明家、画家だったとのこと。


最近では、夏だけではなく、冬の土用丑に「寒の土用」として、春には「春土用」などとして、ウナギを食べる日が増えてきています。。
まだ、あまり広く知られていませんが。(^_^;)


ウナギは栄養学的にも、
ビタミンAやEが豊富
に含まれているという裏付けがあります。
もちろん、
DHAやEPAも豊富



みなさん、ウナギを食べましょう!!!(V)o¥o(V)



ウナギの蒲焼きは、スーパーなどで売られているものも、上手に焼き直しすれば、非常においしく食べられます。

ただ、レンジでチンをするだけだったら、蒲焼き専門店のさばきたて、焼きたてのほうが断然おいしいです。

関東なら、フワフワの柔らかさ、関西なら、表面のパリパリ感が、専門店ならではのところを見せてくれるでしょう。


今年は、稚魚のシラスの不漁のため、専門店の値段は高めですが、貴重な食文化を守る意味でも、記録的暑さになるやもしれない夏を乗り切るためにも、縁起のためにも食べましょうぞ!


最近は、産地偽装、マラカイトグリーンなどで世間を賑わし、毎度の如く販売に水を差された格好になっています。
でも
ウナギに罪はありません!


また、ウナギが危険だなどという人を信じてはいけません。
現在ウナギは極めて安全な食品で、中国産も国産も何も警戒する必要なし。

キノコやフグ、或いは魚介類の生食、肉類の加熱の程度などのほうをはるかに気をつけるべき。


神秘の魚、ウナギのウンチクは、食育にも打って付け!!!


つくづく、ウナギはいいことづくめでんな〜〜〜(=^・^=)
posted by うな太郎 at 20:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにうなぎに罪はないのですが、日本人はうなぎを食べ過ぎです。うなぎを絶滅危惧種に追い込んでいるのは日本人です。うなぎを食べるのは減らさないと、いずれ子孫から先祖が資源を枯渇させたと言われるのでしょうね。
それとうなぎには罪がないとは言え、それを扱う業者に価格的詐欺をされて「文句言うな」とは言わないでしょう。水産、畜産は不透明なところが多すぎで、擬装関係はやはりここに結構集中しています。
Posted by ぽち at 2008年07月14日 23:59
冬や春の「土用」はコンビニがけしかけていますね。まったく商魂たくましいですね。恵方巻しかり。
Posted by のりあき at 2008年07月15日 08:19
なんか世の中おかしいですよね。
嘆かわしいというか。

「鰻」、美味しいですよね。
Posted by at 2008年07月15日 09:24
注)うなぎの日本種は絶滅危惧種ではありません。今のところ、その恐れも指摘されていません。
ほとんど食用にならない”大ウナギ”が「減少種」に指定されているのみ。
ヨーロッパ種は絶滅危惧種ですが、主な原因はフランス人等が稚魚(シラス)を昔から食用にしていたことによるもの。
Posted by at 2008年07月15日 10:03
ウナギ稚魚急減へ対策 水産庁、放流など検討
2008年7月18日 20時23分
 水産庁は18日、ウナギ稚魚のシラスウナギの採捕量が急減していることから、全国のウナギ漁協関係者らが参加する連絡会議を開き、対応を協議した。稚魚を安定的に確保していくため、採捕した稚魚の一部を放流して産卵できるようにするなど対策を検討することにした。
 シラスウナギの採捕量は減少傾向で、業界の調べでは、今季(2007年12月−08年4月)の採捕量は前年の約半分の10トン程度に落ち込んだ。
台湾から稚魚を輸入し、国内の養殖量を前年の15%減に抑えたが、世界的に稚魚は不足しており「こうした手法を長期間続けるのは難しい」(水産庁)という。国内の採捕量を回復できない場合、ウナギ価格が一段と高騰する恐れが強い。
欧州連合(EU)はウナギ稚魚の資源回復策として、13年までに稚魚の漁獲量を60%減らすことや、体長20センチ未満の稚魚を採捕した場合は一部を放流することを決めている。連絡会議は、EUの取り組みを日本でも応用できるかどうか、さらに検討する。
東京新聞
Posted by at 2008年07月18日 23:39
今日川ア大師でうなぎ食べました。
風鈴で賑わっていましたよ
Posted by 無敵の奈津子 at 2008年07月20日 17:00
私が住んでる岡谷市も
ウナギの蒲焼屋さんがいっぱい有ります。
諏訪湖が近くにあり、
ここで養殖してる地元産という
イメージだけで、実際は全部、
他県産又は他国産です。
よそから生きたまま運んで来て、
籠のままザブンと諏訪湖につけて、
諏訪湖産なんて言い出したら
食いに行きません!
Posted by ゴン蔵 at 2008年07月29日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102890584
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。