2008年08月29日

ウナギ産地偽装・今度は愛媛



また、ウナギの産地偽装が発覚しました。

概要は、愛媛の「サンライズフーズ」が産地不明の蒲焼に「愛媛県産」と表示して販売したこと。

さらに、「国産」と表示した蒲焼も農水省は、中国産蒲焼を社内で詰め替えた可能性が高いと見て調べているとのこと。

「サンライズフーズ」の蒲焼の多くは、築地市場最大手の「中央魚類」に出荷され、スーパーなどで販売されていました。

読売新聞によると、
「サンライズフーズ」から仕入れた蒲焼の量は、「中央魚類」が扱う蒲焼の7割を占め、昨年度の築地市場で扱われた全蒲焼(3320トン)の約2割(約645トン)に相当する量だったとのこと。

以下、読売新聞よりそのまま引用

サンライズ社の工場に勤める従業員は読売新聞の取材に、「生きたウナギはほとんど見ない。蒲焼が乗ったトレイの包装をはがし、別のトレイに乗せてラッピングし直している」と証言。取引業者も「サンライズ社の工場でみるのは”中国産”と書かれた段ボール箱ばかり」と話す。

====引用終わり

僕から言わせると、「ようやく本丸にたどりついたか」といったところ。

もうすでに5〜6年ほど前から、怪しいということは業界の常識でした。


なぜなら、常にありえないような安い値段で製品が出続けていたから。
さらに、出荷量に見合うほどの大量の活鰻が購入されている形跡がないこと、実際に活鰻をさばいて生産している形跡にとぼしいことなど、あらゆる条件が偽装を裏付けていました。

ちなみに、5〜6年前には福建省のうなぎ工場の蒲焼製品が数百トン単位で、松山揚げされていました。
通常は関西の場合、消費地である大阪に荷揚げされるものなので、これは極めてイレギュラー。
その荷物がどこに行ったかも調べる必要があります。

その中国の工場の社長は”特需”にのっかりご満悦でした!


「サンライズフーズ」には4年ほど前には行政検査が入ったのですが、その時は何も出ずじまい。
このとき、行政の業者との癒着や「ナーナー検査」を疑ったものです。

そのような経緯を考えると、よくこれだけ長年、放置されていたものだと思います。
もう昔の証拠などは残っていないでしょう。


そして主要取扱い業者の中央魚類。
築地最大手で東証2部上場企業。

業界の誰が見ても、誰が判断しても、偽装の疑いが濃厚だった製品
を販売し続け、大量に扱い、多額の利益を上げていた。(に違いありません)

それを「知らなかった」「だまされた」で通すのは無理があります。

もしかすると、「知っていた」とする物的証拠は出ないかもしれませんが、それで逃げおおせてヤリドクを許すようであれば、永遠に食品偽装に歯止めなどかけられないでしょう。

昨年から食品偽装が社会問題化し、ウナギの偽装も次々と摘発を受ける中、今の今まで公然と販売していた中央魚類の罪は非常に重く、サンライズフースに匹敵します。

さらに、明らかに安い、怪しい”国産”を仕入販売していたスーパーも大問題
表面とは裏腹に、儲かるものなら何でもやる、責任さえ回避できればOKといった体質を表しています。
ここ数年「安い国産ない?」が合言葉のようでした。

特に国産のメインをこの製品でまわしていたスーパーは大きな責任を免れません。


そして消費者。
中国産を避け、「国産」の中から最も安いものを選んで買った人も多いことでしょう。
この手のものがよく売れるんです!
国産の中では安いといっても中国産の2倍ぐらいはしていました。

それがかなりの高い確率で、原料が中国産、もしくは中国産蒲焼の詰め替えであることがはっきりしてきました。

怒るべきことなのは当然です。

”安いだけの中国産”に「騙されまい」と気を配って買った結果、高い値段を払って中国産を食べていたことになるわけですから。


ウナギの産地偽装は非常に裾野が広いため、なかなかこれで終わり、ということにはなりません。
「魚秀」の問題も未だに関係会社(被害者を含め)を事細かに捜査中。


「迅速に」そして「モレなく」調べ、腐りきった業界のウミを早く出してもらいたいものです。



posted by うな太郎 at 21:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あまり語るはことないですが、
なるべくしてなった、結果。
ただ、そういうことですね。
喜んで、販売していた、
人たちの見識のなさが、
ただ悲しいです。

Posted by カング-リョウピ- at 2008年09月02日 14:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105698711
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。