2008年09月27日

朝日新聞のメラミン記事



本日(9月27日)の朝日新聞朝刊の記事には、うれしい驚きがありました。

丸大食品の回収された菓子の中から、メラミンが検出された記事。

一面トップで、「回収食品からメラミン」と大見出しで出た後、
本文の最初の文章が以下。
「検出濃度は0.8〜37PPMと微量で、健康への影響は考えにくいという」

今までこのような冷静な文章は、書かれてあったとしても、長文の一番最後に来る程度でした。

危険を煽るばかりの報道ばかりの中、今回の報道姿勢は画期的
と言っていいと思います。

さらに、38面の詳細な記事の中では、以下の文章。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜抜粋します。

欧州食品安全機関の暫定基準値によると、体重50キロの人は1日に
メラミン25ミリグラムを、体重5キロの子供なら2.5ミリグラムを摂取したとしても健康に影響は出ないという。
今回の検出濃度をもとに計算すると、市販の菓子「クリームパンダ」1個には、最大で1.5ミリグラムのメラミンが入っていたことになる。
体重50キロの人なら1日に約17個、体重20キロの子供なら、約7個食べても、問題のない計算になる。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ここまで

さらに学者の冷静な対応を呼びかける内容が続いた。

まさしく、僕が前回の記事で指摘した、
科学的な計算によるリスク評価
を完璧にしてくれました。


僕が拙著「食品の迷信」の中で訴え、その後も再三にわたって苦言を呈してきた一方的報道姿勢が、大きく変わった瞬間に出くわしたような、そんな気がします。


今後は消費者自身が賢くなって、大袈裟に感情的に危険を煽る記事や本は売れなくなり、
冷静な科学的根拠に基づいた現実的な記事や本が売れるようになって欲しい
と思います。













posted by うな太郎 at 14:37| 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。