2008年10月25日

インゲンマメとカップヌードル

中国産冷凍インゲンマメで健康被害が出たニュースは非常にセンセーショナルに報じられた。

事件が起きてからほぼ3日間はトップニュースの扱い。
インゲンマメがどこで収穫され、どこで生産されて輸入されたかを詳しく伝えた。
2日目は、日本の株価が歴史上2番目の暴落率を示した日だった。

日本では、世界的な恐慌の現実化より、重要なのはインゲンマメだ。


麻生総理まで「(中国側に)善処を求めなくてはならない」といった発言をするなど、この間は日本の最大関心事となったといっていい。

しかし、「次々と健康被害を訴える」人が出てきたが、ほぼすべてがインゲンマメ製品とは無関係であることが判明。
結局被害者は最初の一人だけで、ジクロルボスが検出されたのは、その時の一つだけだった。


これに対し、カップヌードルから防虫剤成分が検出され健康被害が出たケースは非常に抑制的な報道となっている。

初日からニュースの最後のほうだ。

既に全国で21件の検出事例が確認
されており、どこまで広がるかわからない問題であるにもかかわらずである。

しかもインゲンマメは全面回収だったが、カップヌードルは同じ製造日の製品だけの回収。


これらインゲンマメとカップヌードルの報道姿勢の違いは、
ひとえに中国産から国産からの違いによるものに違いない。

インゲンマメの時はことさら「またも中国産」という言葉が強調され、他の中国産食品の問題とからめて報道された。

しかし、検出されたジクロルボスは日本でも広く販売されているため、日本での混入の可能性もかなり出てきたせいであろう、ニュースが急に下火になった。

中国産なら徹底的にたたき、国産なら平静な報道になる。



食品への異物混入事件は日本でも頻繁に起きている。
ごく最近だけでも・・・

パンなどへの針の混入は札幌で十数回起こるなど全国で起きている。
茨城県では、茶碗蒸しに毒を入れて家族を殺害したとして、孫が逮捕された。
北海道では給食に出されたエゾシカの肉の中から、ライフル弾の破片が見つかった。
東京ではスーパーを脅迫するために、焼き鳥のタレに除草剤を混入させた者が捕まった。

マスコミの報道姿勢は、恣意的に中国産をたたき、優越感にひたっているとしか思えないブザマなものだ。

冷静な分析や全体を見ることもなく、いつも扇情的、情緒的に行われる。

結果として、間違った民意が形成され、大きな経済的損失と、国際的な失笑と軽蔑を受ける”勘違い”を生む。


中国が劣っている面があるのは確かだが、日本に来ている食品が安全な部類に入ることは少し考えればわかること。
国産食品で毎年何人も死んでいるが、中国産では一人として死んでいない。

日本でのサンプリング検査、アメリカでの輸入通関統計、どれをとっても国産が優秀である証拠はない。
むしろ中国産が上である。

この国を”ガラパゴスニッポン島”にした最大の責任はマスコミにある。



posted by うな太郎 at 11:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか全てがまとまって、ひとつの方向に流されてる感じですよね。日本人っていうのは一度決まったものを惰性で続ける。意味がなくなっても続ける。
Posted by at 2008年10月27日 11:36
たしかに、インゲンマメとカップヌードルの扱いの違い、、、感じますね。

あと、最近では伊藤ハムのニュースで賑わっているようですが、何が?どう?問題だったのか?報道を見ててもよくわからなくって、頭を悩ましています。
Posted by あこりん at 2008年10月28日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。