2008年12月28日

今年1年を振り返って



食品に関してこの1年を振り返ると、一言で言って、偽装事件の発覚が多発した年だった。

農水省の発表によると、12月16日現在で、
98件のJAS法違反による改善指示
を行ったとのこと。

そのほとんどが、たまたま今年から行ったというものではなく、長らくやっていたものがようやく内部告発によって明らかになったというもの。

偽装の取締と摘発は、それ自体は厳しく行うべきだし良いことと思うが、一方多いに懸念すべきことが起こっている。

それは取り締まり強化による、
役人の権限とコストのアップ
だ。
食品の安全という面でも、コスト意識がなく、かつ際限のない安全志向がムダなコストアップを招いてきている。

消費者の食品への誤解や無知はほとんど変化がないどころか、助長されており、絶望的にも思える。


「消費者」という名のもとに弱者を装った消費者権力の横暴も目立つ。

ない権利も主張する「消費者」にもマスコミや世論は見方する。

昨年末に当ブログで書いたお題は

「一億総偽装社会」
だ。
(内容に過激な部分があるため、現在見れません(^_^;))

主旨は日本人の本音と建前のかい離があまりに大きく、一人一人が自分を偽っている、或いは自分を理解していない偽装社会であるということ。

1年経った今もその思いが強い。

さらに言うと、
自分はエゴしか持ち合わせていないにもかかわらず、他人には高い倫理、教科書的な倫理を要求する。


だから「自分にとってはマイナスでも公的にはプラスだから、それに賛成する」といった成熟した社会人の発想がない。

消費者も政治家も、自分にとって良いことを主張するだけ。
役人も、自分の省庁にとって良いことを主張するだけ。


特に「消費者」と声高に語る人には消費者エゴしか感じられず、義務や責任が欠如している。


ただ一方で良い傾向もある。

食品の安全に関して、
非常に冷静な分析をしている記事が散見され始めた
ことだ。

僕のところにも、勇気を持って真実を伝えよう(勇気がいるんです!)という記者たちが訪れた。

東京新聞、毎日新聞、朝日新聞、中日新聞、北海道新聞、週刊文春、週刊女性などなど。
彼らは、まだ主流ではないものの、しっかりとした記事を書こうと真剣に耳を傾けてくれて、実際に良い記事を書いてくれた。

来年は主流になってくれることを望みたい。

さて最後に、今年起こった食品偽装の中のワーストランクをご紹介したい。

これは僕の全くの独断によるもの。
世間をどれだけ騒がせたかではないので、「魚秀」のウナギ偽装事件は入っていない。

これを見て、いかに偽装が深く広く行われ、今後もなくならないかを感じてもらえることと思う。

騙されるより騙す方が圧倒的に悪いと思うが、騙される方も、騙されることによって、騙す人間を肥え太らせ、元気づけさせている責任も感じてほしい。

来年こそは騙されないようにしましょう!(=^・^=)

そして無駄な出費、無駄な廃棄をしないようにしましょう!(●^o^●)

では良いお年を!




1)サンシローフーズのウナギ偽装
茨城県のサンシローフーズは、ネットショップで、中国産ウナギを「四万十産」と表示し販売していた。しかも、販売実績のない価格から値引きしたように見せかけていた。
このネットショップは楽天から優秀な店を表彰する「大賞」を受賞していた。


2)タケノコ製品偽装

愛知県の「たけ乃子屋」は中国産のタケノコ水煮1100トンに国産14トンを混ぜて熊本県産など国産と偽装表示。(国産率0.1%)
偽装は4業者と協力して行われ、その中には、偽装協力業者の社員スナップを「県竹林農家のみなさん」とタケノコ生産者のように表示していた。


3)クエの偽装

大阪の水産会社「矢崎」が「アブラボウズ」を「クエ」として販売していた。
また、福岡市の料亭「てら岡」もクエ鍋セットとしてアブラボウズを販売していた。
クエは関西以西を代表する高級魚。
農林水産省による市場聞き取り価格は下記。
クエ;3,000ー10,000円/KG
アブラボウズ;700ー1,500円/KG


4)青森県果工のジュース偽装

青森にある青森県果工は、中国産のリンゴ果汁を青森産と偽装して販売していた。
さらに、「ストレート」と表示したジュースに使用が認められていない濃縮果汁や香料を使っていた。他にも表示にない香料や酸味料などの食品添加物が使われていた製品もあった。
これら商品は、日本農林規格(JAS)の認定を受け、JASマークが使われていた。
JAS認定機関である日本果汁協会は原則、年1回の工場調査をしているが見抜けなかった。


5)一色漁協のウナギ偽装

愛知県のウナギの養殖産地、一色町の一色漁協が台湾産ウナギを一色産として販売していた。
一般私企業ではなく、偽装を正すべき立場の漁協自らが行っていたことが特異だった。
一色漁協は、自社製品を差別化するために、シラスから一貫して地元で生産していることを謳った認証マークまで作っていた。


posted by うな太郎 at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして、横山です。
すごく良いブログですね。

感動しました。
こんなにも良い内容のブログは滅多にありません。
随分と作るのに時間がかかった

Posted by 横山 at 2008年12月28日 23:12
食の流通に携わる者としていつも拝見しております。
Posted by at 2008年12月30日 10:46
うなぎ偽装に関してはよく分かりましたが?
しかし、未だに解決する可能性の無い毒餃子事件の中国の河北省地方政府と中国公安の事件隠蔽について、どう思われますか?
問題は中華思想の共産中国は絶対に謝罪をしないということです!。日本の警察からあれだけの証拠を出されても、自分の非を認めない事に対して、他人事のように振る舞事に日本人は嫌悪感を感じるから、中国製品を買わないのです。
Posted by ono, yoshi at 2009年02月20日 11:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。