2007年07月15日

まえがき



近年、食品の安全と安心という言葉が頻繁に使われるようになりました。
その背景には、人々の食品に対する不信感や不安があるといえましょう。
特に最近では、中国食品の危険報道が連日連夜行われています。
今年、中国製品での事件の発端になったのは、南米において中国製原料を使用した歯磨き粉で子供が多数死亡したというニュースです。
その後も中国製ペットフードでペットが死亡したとか、ダンボール入りの肉まんが公然と売られているなど、この手のニュースが絶えません。

これらは日本に流通していない製品でしたが、日本に輸入されているものでも、歯磨き粉から有害物質を検出したとか、うなぎから基準値以上の抗生物質が検出されたなどの報道がありました。

とりわけ、中国産うなぎがいかに危険であるかの話題は、連日しつこいほどに行われています。
このうなぎ報道の発端になったのは、アメリカが中国から輸入しようとしたうなぎなどから、禁止薬物が見つかり、海老、なまずを含めた5品目の輸入を停止したことでした。

アメリカでこうなのだから、日本に来ているうなぎも危ないのではないか!というのが多くの報道の趣旨であり、一般消費者も感じていることだと思います。

ただ、結論からいうと、こういった一連の報道と一般心理は全くナンセンスであり、事実と現実に則したものではありません。

このブログでは、日本人の食品の安全と安心に対する考え方、とりわけ中国うなぎに対する報道と認識を通して、日本社会を投影していきたいと考えています。




ちょと期待しようかな?という方はポチ!を。

ブログランキング
posted by うな太郎 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47912166
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。