2007年07月19日

なぜ異常に厳しい基準なのか?



現在のうなぎの残留薬物基準値では、仮に基準値の10倍含まれているものを毎日食べ続けても、健康に害がでるものではありません。

ではなぜ、これほどまでに異常に厳しいのでしょうか?

理由は簡単です。

厳しくすることが、厚生労働省にとっていいことずくめ
だからです。

マスコミ、世論の後押しで、厳しくすればするほど歓迎されます。
そして中国産のイメージが落ちたり、輸入できなくなると、国内の養殖業者と加工業者が潤いその保護に役立ちます。
さらに、検査費用や頻度の増大によって、厚生労働省の権限が強化されます。(現に検査機関の人員は急増しています)

この現実に即さない基準値は、結局は食品の高騰を招くと同時に、あまり検査のされていない(安全性が中国産より劣る)国内産しか食べられない事態を引き起こします。
もうすでに、使用できる原料の不足、検査費用の増大により、不必要に高いものになっています。


中国産うなぎは、日本の基準に合わせるため、1ロットにつき数十回の検査・試験を繰り返してから輸入されますが、国内産は通関というハードルがないため、はるかに検査件数が少なくなっています。
もともと中国の工場には最新鋭の分析機器がありますが、国内の工場にはほとんどありません。

だから、現実は世間の認識とはマギャクなのです。


中国産うなぎの問題はスピード違反に置き換えるとわかりやすいと思います。

車の運転でごく普通に走っていたのに、スピード違反でつかまることがありますよね。
誰にも迷惑をかけていなく、全く危険でもないのに、そこの制限速度をオーバーしていたという理由で罰金刑を受けます。

確かに法律違反を犯したことになりますが、これによって厳しい制裁を受けるのは納得できないですよね。
これって、法律のほうに問題ありなのではないでしょうか?

中国産うなぎでいえば、時速60キロで走れる道で、制限速度10キロにされているようなものです。
いくら慎重に運転しても、100回に1回程度は少しぐらいオーバーすることはあります。
でもその1回の道路交通法違反で、免許取り消しになるのです!

そしてその人が免許取り消しにあうだけでなく、他の運転者も違反する可能性があるという理由から、全員免許取り消し!!!
これがよく起こる中国の輸出停止です。


現在の世論は、実害のない軽微な違反に対して、厳しく糾弾して免許取り消しを叫んでいるようなものです。





ちょとでも役立ったかな?という方はポチ!を。

ブログランキング
posted by うな太郎 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48422369
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。