2008年03月29日

食品偽装の罪と罰



先日、ミートホープ元社長に判決がおりました。

札幌地裁は、
不正競争防止法と詐欺罪により、懲役4年の実刑判決を言い渡しました。

判決の中で、裁判長は
「食の安全への信頼を根幹から揺るがしたことは明らかで、表示を信頼した一般消費者らを裏切る著しく背信的な犯罪」と断罪した。

さらに、判決理由の一つとして、
「他の産地偽装と比較しても極めて悪質」というのもありました。

確かに、通常の産地偽装は、表示を偽ったり、貼り替えたりするだけなのに対して、ミートホープは自ら積極的に手を下していたという悪質性がありました。

僕は、ここまで重い判決になるとは思っていませんでした。
ちょっと驚きですね。
今までの同種の事件と比べても最も重いのではないでしょうか。。

世論の流れや、同種の事件が後を絶たない状況を鑑みて、このような判決になったのだと思います。

元社長は、控訴しない意向とされており、
今回の判決は、業界への一定の抑止力になるのではないかと期待しています。

ただし、この事件の顛末は極めて例外的なものということもできます。

なぜなら、ほとんどの偽装表示は、発覚しても「指導」のみで終わり、業者間取引ではそもそも違法にならないからです。
JAS法改正により、遅ればせながら、この4月1日から業者間取引でも適用されることになりました。

しかしJAS法の罰則自体がユルユルなため、抑止力になるどころか、
「やらなきゃソン」と思われる恐れさえあるヒドイものです。


ところで先日、香川県の業者がオーストラリア産牛肉を国産と偽り販売したとして、詐欺と不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、店主が逮捕されました。

実は、昨年にも牛肉の産地偽装では複数の逮捕者が出ました。

水産物の産地偽装では、逮捕されるということはないのに、牛肉ではなぜこうも違うのでしょうか???


気になって、担当の農政局に電話で聞いてみました!

その説明によると、「契約と違うものを納入したから」ということでした。

なるほど。
しかし、農水産物の偽装において契約書が存在していたことがないとはとても思えません。

また契約書がないとしても、判例によると電話での会話でも契約は成立するとみなされているし、何より表示を信頼して買っている人に対する契約違反と見なしてもよいのではないでしょうか。


まして今回の牛肉産地偽装はだまし取った金額が67万円
他のJAS法違反だけで終わる偽装事件と比べても軽微です。

JAS法違反止まりと詐欺や不正競争防止法違反までいくのとでは罰に雲泥の差が出ます。


何せ後者は10年以下の懲役又は100万円以下の罰金で、容疑は今回のミートホープ元社長と同じです。

僕には、詐欺や不正競争防止法違反までいくかどうかに対して別な意図を感じざるを得ません。

つまり、牛肉の偽装は政治力のある牛肉国産業者を守るため、農水産物と比べて、徹底して厳しくしているということです。

僕の仮説が正しいかそうでないかは別にして、
食品偽装では、罪と罰の整合性が全くはかられていないといっていいでしょう。


P.S.
前回、クエの偽装を取り上げましたが、僕の知人で被害を受けたと思われる人がいました。
大阪でクエ鍋が1人前2千円。
しかも食べきれないほど出てきていたとのこと。
彼は年に2〜3回食べていたというのですから、大変ショックだったようです。
「アブラボウズをクエと思いこんで食べていた・・・」(泣)

もう2度と魚を食べないのではないでしょうか(笑)
イヤ笑ごとではないですね。
もちろん不正業者はJAS法違反のみの「指導」だけです・・・・




posted by うな太郎 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。