2008年04月25日

いよいよ発売開始です!



拙著「食品の迷信」(ポプラ社)が26日より発売開始

となりました!(地域によっては27〜28日)

アマゾンでは既に先行予約販売を開始しています。
価格も税込で1260円と良心的。


「食品の迷信」アマゾンからの購入はココから


現在、一般消費者は食品に対して多くの誤解、いわば迷信を持っています。
その誤解は、年々強くなり、取扱業者の常識とのギャップは広がるばかりといった状況です。
現在、叫ばれる「食への不安」もそういった背景の中で増幅され、結果として「偽装」を多く生む温床になっており、それがまた強い不信感を生む悪循環になっています。

食は毎日口にする生活の根幹をなすものであるにも関わらず、食の真実を知らないというのは、不幸なことですし、結果として悪徳業者に騙され損をしています。

本書では、まず食の真実を知っていただくことを大前提とし、そのうえで損をせずに豊かな食生活を送るためのノウハウを伝授しています。



僕がこの企画を応募したときに、出版社6社から手を挙げていただきました。
比較的旬な話題だったことが幸いしたと思います。

もし自費出版だったら、あまり誰からも期待されていないのが明らかで、かつほとんど売れない=ほとんど読まれないとの結果が想定できて、気持ちもこもらなかったことでしょう。

世に出す価値があると認められ、販売を期待されているからこそ、
一層今までにない質の高いものにしたいとの強い思いを持って執筆
することができました。

いわば、・・・魂の書です!


「食」に対して不安を持っている人はもちろん、そうでない人も、
今後生きていく上で長きにわたり役に立つ本
と思います。


では、目次をご紹介します。

序章・・・・・食品の常識には迷信がいっぱい
第1章・・・・誰も言わない中国食品の真実
第2章・・・・産地偽装、あの手この手
第3章・・・・賞味期限の「期限」は適切か
第4章・・・・「国産」「天然」志向の罠
第5章・・・・「自然がいちばん」の落とし穴
第6章・・・・メディアのウソを見破れ!
第7章・・・・食卓から見えてくる行政の怠慢
第8章・・・・見直すべき「食」との向き合い方
第9章・・・・「食の真実」を知る心得




「食品の迷信」表紙

posted by うな太郎 at 20:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しかし反日国家から輸入しても大丈夫なのか?
Posted by WEBおもしろ情報収集用ブログ at 2008年05月11日 18:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。